製品含有化学物質調査依頼について

弊社では、chemSHERPA, REACH SVHC, RoHS指令((2011/65/EU), (EU) 2015/863)の含有物質調査依頼をお受けしたしております。
ご依頼の際は、お問い合わせフォーム よりご依頼ください。

RoHS指令について

RoHS指令(ローズ指令)とは、電気・電子機器における特定の有害物質の使用制限に関するEUの法律です。
2003年2月に最初の指令(通称:RoHS1)が制定され、2006年7月に施行、2011年7月に改正指令(通称:RoHS2)が施行されました。
2019年7月よりRoHS2で制限されていた6物質に加え、4種のフタル酸が追加され、合計10物質になりました。

弊社では、サプライヤーからのRoHSの制限物質不使用宣言書及び検査レポートにより、コネクタキャップがRoHS指令に対応していることを確認いたしております。
下記制限物質の不使用調査書がご入用の際はお問い合わせフォームよりご依頼ください。

物質名最大許容濃度(ppm)
1,000
水銀1,000
カドミウム100
六価クロム1,000
ポリ臭化ビフェニル類(PBB類)1,000
ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDE類)1,000
フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(DEHP)1,000
フタル酸ブチルベンジル(BBP)1,000
フタル酸ジブチル(DBP)1,000
フタル酸ジイソブチル(DIBP)1,000
お問い合わせフォーム

REACH SVHCについて

REACH規則(リーチ規則)はEU域内にて化学品を製造、輸入、使用される化学品の登録・評価・認可・制限に関する規則です。
人の健康や環境の保護、化学物質のEU域内の自由な流通、欧州化学産業の競争力の維持向上を目的としています。
REACH規則には情報提供義務があります。
成型品をEUへ輸入する事業者は、輸入する成形品にSVHC(高懸念物質)が1,000ppm(0.1wt%)を超えて含有する場合、情報を伝達しなければなりません。
また、SVHCが閾値を超えて含有される場合、SCIP情報の伝達等が必要となっており、以前より複雑さが増しています。
SVHCの数も年々増えているため、弊社ではお客様から依頼があった時点で都度サプライヤーに調査を依頼しております。
REACH SVHCの不使用調査書がご入用の際はお問い合わせフォームよりご依頼ください。

お問い合わせフォーム

chemSHERPAについて

chemSHEPRA(ケムシェルパ)とは、製品に含有される化学物質の情報をサプライチェーン全体で確実かつ効率的に情報伝達をするためのツールです。
製品に含有される有害な化学物質の規制が進んでいますが、フォーマットがまちまちだったのを、効率的に情報伝達を共有するため経済産業省主導で2015年にリリースされました。
現在は、JAMP(アーティクルマネジメント推進協議会)が運用しており、様々な法規則の改定などに併せて定期的にバージョンアップがされています。
過去にはJGPSSIやJAMP-AIS等、様々なツールがありましたが、現在はchemSHERPAに集約されつつあります。

chemSHERPAのダウンロードや詳しい使用方法などはchemSHERPAのホームページをご参照ください。
chemSHERPAのホームページはこちら

chemSHERPAの対応が必要な際はお問い合わせフォームよりご依頼ください。

お問い合わせフォーム

その他、製品含有化学物質調査依頼について

RoHS、REACH SVHC、chemSHERPA以外の製品含有化学物質調査依頼をご希望のお客様は、日本語書式の他に、英文書式もしくは中国語の書式をご提出ください。
内容によってはお受けできない場合がございます。

まずはお問い合わせフォームよりご相談、ご依頼ください。

お問い合わせフォーム

過去に提出した実績のある環境情報調査について

  • RoHS
  • REACH SVHC
  • chemSHERPA
  • 紛争鉱物調査
  • JAMP-AIS
  • JGPSSI
  • JAMAシート
  • お客様ご指定の不使用保証書のフォーマット
    (日本語書式の他に英文書式もしくは中国語の書式が必要です)

お問い合わせフォーム

納入仕様書について

仕様書をご希望のお客様には納入仕様書を提出いたします。
原材料の安全データシート(MSDS)、分析レポート、特性表、ULカードも提出可能です。
お問い合わせフォームよりご依頼ください。

お問い合わせフォーム